日本エレクトロヒートセンター

>
>
>
技術文献

技術文献

学会誌ほか
月刊「省エネルギー」(2019年10月号)
特集 産業用ヒートポンプの活用法【技術解説】産業用ヒートポンプ活用による省エネルギーへの取り組みの現状]

日本エレクトロヒートセンター 浜屋敷 毅 

 

 

日本エネルギー学会機関誌(2018年3月号)
メタノール蒸留工程における廃熱を活用した省エネルギーの取り組み

名糖産業㈱ 八王子工場長 村瀬 勝俊
木村化工機㈱ 技術部長  
松尾 洋志

三菱UFJリース㈱    望月 淳

日本エレクトロヒートセンター 業務部長 井上 和茂

 

 

クリーンエネルギー(2018年6月号)
メタノール蒸留工程における廃熱を活用した省エネルギーの取り組み

木村化工機㈱ 技術部長  松尾 洋志

 

 

機関誌「エレクトロヒート」記事

機関誌のご案内

EH_No.231(【特集】製造プロセス改善特集~省エネ脱炭素・品質や生産性向上)

室井 邦雄 

東芝キヤリア株式会社 システム技術センター 営業技術部 部長

要約 塗装ラインは塗装前の表面処理(脱脂、化成、湯洗)、塗装(スプレー塗装、電着塗装、粉体塗装 等)、乾燥といった工程からなり、いずれもエネルギー多消費工程となっており、省エネルギー化を図る ための有効な手段の一つとしてヒートポンプの活用が注目されている。ヒートポンプ活用のポイントは 塗装ブースの恒温恒湿システムと表面処理工程や乾燥工程の循環加温システムの 2 つであり、本稿では、 それぞれのシステムにおける省エネルギー化を実現するためのヒートポンプの種類と特長、並びに導入 事例について紹介する。
 
脇 和寛
ロプライムアース EV エナジー株式会社 プラントエンジニアリング部 環境技術グループ
要約 全社のエネルギー管理体制は工場長をトップに部門 毎に展開している。その活動を促進する為に環境保全 委員会の中に省エネ ・ 排出物部会を設け、①省エネ目 標や年度計画の立案②省エネ推進会議による進捗の管 理③エネルギー実績の見える化④省エネ技術開発や予 算の管理などを行っている。今回の活動は 2015 年の 新工場の計画が具体化した時より社内プロジェクト チームを結成。エネルギーを使う生産設備の「シンプ ル&スリム化」をコンセプトに生産リードタイムの短 縮、設備加工能力向上(倍速化)を推進すると共に、 2016 年からは社外の仕入先にも参加いただき熱利用 の高効率化に取組んだ
 
坂口 勝俊
一般社団法人日本エレクトロヒートセンター 業務部 課長
山田 一輝
東京電力エナジーパートナー株式会社 販売本部 法人営業部 課長 
要約 今回報告するアルミ製造工場における電着塗装工程では、ワークに塗膜を均一に付着させるた め、前処理工程として湯洗、脱脂および化成処理を施している。大きなワークを投入する各処理槽では、 80℃程度に温度保持する必要があり、加熱に多くのエネルギーを要していた。一方、電着槽では直流電 流を流すことから、槽内を冷却する必要がある。これらの同時に発生する冷却と加熱のエネルギー使用 合理化を目指し、東京電力エナジーパートナー㈱が現場調査やシステム設計を担当した。熱源機費用に ついては NEDO 事業を活用し、冷温同時ヒートポンプを大規模に導入することで大幅なエネルギー消 費量の削減を見込んでいる。これにより、過去 5 年に渡って削減したエネルギー削減量を、わずかたっ た 1 年で実現できる見込みである。併せて、老朽化した既設ターボ冷凍機を最新式のインバータターボ 冷凍機に更新することにより、大幅なエネルギー削減を目指している実証事業について報告する。
 
中山 浩
中部電力株式会社 技術開発本部 エネルギー応用研究所 生産技術グループ
渡邉 澂雄
名古屋大学大学院工学研究科 創造工学センター
吉田 茂、岡田 有二
三菱重工サーマルシステムズ株式会社 空調機技術部
要約 生産プロセスの洗浄工程や脱脂工程向けに、低 GWP 冷媒(R454C)を採用した高効率な温水ヒー トポンプ「Q-ton Circulation」を開発した。R454C の GWP 値は現在ヒートポンプで広く使われてい る冷媒の 10 分の 1~14 分の 1 であり、環境負荷を低減したとともに、冷媒マイナス 20℃の外気温度 でも 75℃の温水供給を可能とした。2018 年 12 月の販売開始以降、生産プロセスだけでなく業務ビル の温水循環加温の熱源として導入されている。本稿では、開発機の特長を紹介するとともに、生産プロ セスでの採用事例を紹介する。
 
坂口 勝俊
一般社団法人日本エレクトロヒートセンター 業務部 課長
山田 一輝
東京電力エナジーパートナー株式会社 販売本部 法人営業部 課長
要約 今回報告する染色工場では、染色工程から 1 日当たり 2,750 m3 と大量かつ 80℃と高温の排水が 発生していた。不純物が多い排水からの熱回収は、熱交換器の目詰まり等が原因でハードルが高かった。 また、高温の排水により排水槽が高温となり、排水を浄化処理する微生物が死んでしまうため、同社で は蒸気焚吸収式冷凍機の新設による強制冷却を検討していた。こうした中、閉塞する可能性が極めて低 いスパイラル熱交換器を導入することにより、熱回収による省エネ、ならびに排水槽の温度低下の同時 実現について、東京電力エナジーパートナー㈱より提案を受け、NEDO 事業を活用することで、2018 年 11 月に同熱交換器を導入した。併せて、環境負荷の大きい既設の蒸気焚吸収式冷凍機については、 最新のインバータターボ冷凍機に電化することにより、大幅なエネルギー消費量削減を目指している実 証事業について報告する。

 

EH_No.228(【特集】省エネ・脱炭素をけん引するの施策と補助金の活用)
①食品工場の濃縮工程におけるMVR 型蒸発装置の導入事例
松尾 洋志 (まつお  ひろし) 木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部技術部 部長
佐藤 輝幸 (さとう てるゆき) 木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部技術部

 MVR(Mechanical Vapor Recompression)は、ヒーターで発生したベーパーを蒸気圧縮機で断熱圧縮することで昇温・昇圧し、自己の加熱源とする技術である。その省エネルギー性は、極めて高く、COP = 40 に到達する程である。当社では、40 年以上前にMVR 技術を確立しており、これまでに糖液、乳業などの食品プロセスの省エネに多数の実績を持つ。本稿では、関西の食品会社に納めたアミノ酸ポリマー水溶液のMVR 型蒸発濃縮装置の導入事例を解説するとともに、当社が技術的な優位性を持つMVR の蒸留プロセスへの適用についても紹介する。

 

②冷温同時取出し可能なヒートポンプの導入で69%の省エネを達成
川口 寿久 (かわぐち としひさ) オレンジベイフーズ株式会社 工務部リーダー
藤本 憲二 (ふじもと  けんじ) 四国電力株式会社 愛媛支店 営業部 技術ソリューション課
 年間を通して冷房負荷が発生していることを踏まえ、冷温同時取出しタイプのエコキュートを選択。しかし、エコキュートの場合、蒸気のように瞬間的に大量の温水製造ができない。そこで、温水使用量を時刻別に詳細に分析し、エコキュートの複数台化、および貯湯タンクの大容量化などにより課題を解決した結果、大幅な省エネを達成した食品製造会社の事例をご紹介する。

 

EH_No.226(電化シフト/熱利用分野の脱炭素化に向けて)
①含浸廃水濃縮プロセスの革新を目指した蒸発濃縮装置の開発・導入

吉本 智計

株式会社ナカキン

軽合金事業部 技術部 設備技術課 主任
加藤 順一

株式会社中央発明研究所

技術部
村田 裕希

関西電力株式会社

大阪北法人営業本部 エンジニアリンググループ

 株式会社ナカキンでは、鋳造製品の品質・信頼性向上を目的として「含浸」を行なっている。含浸処理を施すことで含浸廃水が発生するが、廃水中に含まれる含浸剤は熱硬化樹脂であるため、廃水濃縮用の蒸気ドライヤの熱により硬化物が析出・固着するという課題があった。そのため、熱気立ち込める高温環境にて、頻繁に硬化物の除去メンテナンス作業を余儀なくされる過酷な労働環境にあった。また、ボイラ損失・放熱損失・熱交換損失等、多量の熱損失も発生していたため、エネルギー効率も優れたものではなかった。そこで、ヒートポンプ技術を活用し、含浸廃水濃縮に対応できる蒸発濃縮装置の開発・導入を行なった結果、メンテナンス性およびエネルギー効率の双方の観点から、大幅な改善効果を得ることができた。さらに、副産物である再生水を有効利用することで、水使用量削減という二次的効果も得ることができた。本稿では、その事例について紹介を行う。

 

②酒造工場への空冷ヒートポンプ式熱源機の導入事例

村上  洋

東芝キヤリア株式会社 

九州支社 九州システム技術担当 グループ長

 三和酒類株式会社様は昭和33 年の創業以来、醗酵技術と創意工夫の精神で、「おかげさまで、美しい言葉、謙虚な心、丹念に一念に」を社是に掲げ、「いいちこ」をはじめとした商品づくりや研究開発に日々励まれている。本稿では日田蒸留所様において製麹機ともろみを管理する醗酵タンクの冷却用熱源機をガス吸収冷温水機から空冷ヒートポンプ式熱源機に更新され、省エネとメンテナンスの手間を削減された事例について紹介をする。

 

EH_No.225(廃熱活用技術Ⅲ)
巻頭言;産業用ヒートポンプ飛躍の年に

鈴木  聡 

一般社団法人 日本エレクトロヒートセンター

副会長

①水熱源ヒートポンプの導入事例について

吉元 龍太郎

三菱電機住環境システムズ株式会社

関西支社 商品本部 空調冷熱商品部 産業冷熱営業課

 CO2 削減という課題に対して、様々な形での解決に向け検討が進んでいる。「未利用熱」の有効活用により、エネルギーを効率良く利用することで、課題解決に貢献した導入事例は多数ある。本稿では、従来捨てていた排水や下水から、熱を回収し、熱エネルギーを有効に利用する「熱回収型水熱源ヒートポンプ」を用いることで、温熱需要に対応したシステムを紹介する。それは未利用熱の利用で効率的なエネルギー利用に貢献し、CO2 削減、省エネルギーを図るヒートポンプ技術を活用したシステムであり、今後の低炭素社会へ貢献するシステムである。

 

②ターボ冷凍機による廃熱回収利用提案

澁谷 誠司

三菱重工サーマルシステムズ株式会社 

営業部 熱ソリューション営業課長

 高効率ターボ冷凍機は空調熱源や生産プロセスの冷却熱源として多く採用されている。一方、省エネルギーのニーズから蒸気加熱に替わる温熱源が求められているが、その負荷は50℃以下の温水で対応できる加熱負荷も多い。事例としてターボ冷凍機の凝縮廃熱を温水として利用する熱回収型ターボ冷凍機が半導体工場や飲料工場などで使用されている。さらに、冷却負荷がない冬季であっても工場廃熱を熱源とするヒートポンプ型ターボ冷凍機が自動車組立工場などで利用されている。加熱負荷を適正な温度レベルに見直すことで、高効率に温水を供給できる熱回収型およびヒートポンプ型ターボ冷凍機の適用範囲を拡大し、さらなる地球温暖化防止に貢献できると考える。

 

③ヒートポンプ等を活用した廃熱利用商品と導入事例の紹介

大下  悟

三浦工業株式会社 

熱利用機器技術部 熱利用機器技術課 チーフエンジニア

 現在、三浦工業(社長・宮内大介)では熱・水・環境を包括的にとらえた工場トータルソリューション提案のため、主力商品である小型貫流蒸気ボイラ単体の効率向上だけでなく、工場全体の効率向上化に目を向け、未利用熱の有効活用、熱エネルギーを活用した減電など様々な省エネ機器の開発、提案から納入後のメンテナンスまでを行っている。本稿では、弊社の未利用熱活用に資する省エネ機器と、その導入事例、導入メリットについて紹介する。

 

➃ヒートポンプ導入による室内環境改善と省エネの両立を目指した取組み

佐藤  彰

理研ビタミン株式会社 

大阪工場 環境保全課
小川 裕之

関西電力株式会社 

東京法人営業本部 エンジニアリンググループ

 理研ビタミン株式会社大阪工場では、2018 年7 月、コンプレッサー室の環境改善を目的とした循環加温ヒートポンプCAONS140L(以下、「CAONS」という)を導入した。熱源機自体をコンプレッサー室に設置することで、CAONS から排出される冷風(以下、「排冷風」という)でコンプレッサー室の室温を下げ、暑熱環境下でもコンプレッサー異常を起こすことなく安定した設備運用を実現している。また、温熱は近接した蒸気ボイラー補給水を加温することで、省エネも両立させることができている。
今回は、コンプレッサー室の室温計測結果と、ヒートポンプ導入により想定される経済効果について報告するとともに、実際の計測結果により得られたヒートポンプの稼働状況ならびに成績係数(COP)等について検証した結果についても併せて報告する。

 

⑤低温施設向け冷凍設備における逆サイクルホットガス利用のヒートポンプ導入事例

早 山 文 人

株式会社ダイキンアプライドシステムズ

エンジニアリング本部 設計部

 ヒートポンプ技術は、人を対象とした一般空調および、10 ~ 20℃の中温領域において冷房および暖房に広く利用されている。近年は、産業分野の加熱源として高温領域まで利用範囲を広げてきている。
一方、冷却が主となる冷蔵・冷凍領域でもデフロスト、加温などでヒートポンプを利用することにより保管品などの品質保持、省エネ性の向上などが図ることができる。本稿では冷蔵・冷凍領域における逆サイクルホットガス技術によるヒートポンプ活用事例を2 例紹介する。

 

⑥最新のモジュール型空冷ヒートポンプ式熱源機の特長と工場への適用事例

室井 邦雄

東芝キヤリア株式会社 

システム技術センター 営業技術部 部長

 日本国内のセントラル方式空調市場において、モジュール型ならではの様々なメリットを活かして普及拡大してきたモジュール型空冷ヒートポンプ式熱源機であるが、一般空調用途や生産プロセスの冷熱用途に比べて、蒸気などの燃焼式熱源機が主流である生産プロセスの温熱用途では普及途上である。
そこで、高効率なヒートポンプをもっと普及拡大して地球温暖化防止に貢献するため、熱源システム全体でのエネルギーロスを最小限に抑えつつ、燃焼式熱源機とのエネルギーベストミックス制御を容易に構築可能な新しいモジュール型空冷ヒートポンプ式熱源機「ユニバーサルスマートX+(プラス)」を開発した。

 本稿では、その特徴を紹介するとともに、着実に実績を積み上げてきた生産プロセスの温熱用途における採用事例を紹介する。

 

 

EH_No.224(第13回エレクトロヒートシンポジウム)
熱交換器を用いた工場廃熱活用事例

岩澤 賢治

 MDI 株式会社 代表取締役

 排熱・低温熱・未利用熱の活用ニーズが高まっている昨今、実際の現場では熱が有効利用されることなく大量廃棄されているのが現状である。その多くが『熱交換』というものが最適化されていない、または既存の設備をそのままに引き継いでいるだけで具体的にどうしていいか分からないという現場がほとんどである。本稿では工場廃熱の活用における熱交換器の基本的な考え方や種類、設計のポイント、具体的な活用事例についてご紹介する。

 

EH_No.220(工場廃熱活用技術Ⅱ)
①特集記事
●導入事例/導入システム●

「熱回収ソリューション『水熱利用システム』自動車部品工場への導入事例」

   田熊 康秀 オルガノ株式会社 ソリューション技術部 グループ長

「食品工場における最新型ヒートポンプ導入事例と最適運用に向けた取組みについて」

   大野 章仁 日本食研株式会社 千葉工場 エンジニアリンググループ 専任課長 他 

「食品工場・医薬品工場への廃熱回収システム導入事例」

   深澤 篤志 日本電技株式会社 事業本部 事業推進部 産業ソリューション推進室 室長代理

「熱回収ヒートポンプシステムと産業用途での適用事例の紹介」

   田下 友和 株式会社神戸製鋼所 冷熱・エネルギー部 冷熱営業室 課長 他

「廃熱利用・冷温熱同時供給が可能な二種類の熱風ヒートポンプの紹介」

   米田 弘和  株式会社前川製作所 エネルギー部門リーダー 次長

「グラビア印刷機の乾燥理論と省エネ型排気廃熱回収システム「E-SAVE」

   Yong-Suk Mun 日本サーキュレート株式会社 他

「糖液および溶剤の濃縮工程におけるMVR 型の蒸発および蒸留装置の導入事例」

   松尾 洋志 木村化工機株式会社 エンジにアリング事業部 技術部 部長

「廃水濃縮におけるMVR導入事例」

   井上 智裕 株式会社ササクラ 水処理事業部 東京水処理営業室 室長

「蒸気ブロワー導入による省エネ事例~ VOC 脱着工程への適用と今後の展開~」

   生野 満 株式会社四葉製作所 取締役 他

●要素技術/エンジニアリング●

「低エクセルギー損失社会を実現する熱交換器開発の最前線」生産技術研究所 教授

   鹿園 直毅 国立大学法人東京大学

「酢酸蒸留塔用MVR の開発」

   佐野 光男 株式会社IHI 回転機械エンジニアリング プロセス圧縮機BU 設計部 部長

「ピンチテクノロジーを用いた工場へのヒートポンプ導入の進め方」

   松田 一夫 元千代田化工建設株式会社 他

●新システム開発●

「省エネ型アンモニア蒸留装置の開発」

   佐藤 輝幸 木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部 技術部

「環境対応型過熱水蒸気乾燥の開発」

   髙澤 雄次 株式会社前川製作所 エネルギー部門 監事

 
②我が国の地中熱ヒートポンプシステム市場拡大への期待<特別寄稿>

長野 克則

北海道大学大学院 教授

 再生可能エネルギー熱の一つである地中熱は国の第4 次エネルギー基本計画の中で導入支援を図り、導入拡大を目指すことが明記されている。まず、地中熱利用の利点と追い風、現状と普及への課題を述べる。北海道は地中熱ヒートポンプシステムの先進地であるが、寒冷地のZEB への適用例と性能評価の一例を示す。最後に筆者が代表となり受託しているNEDO「再生可能エネルギー熱利用技術開発」の主な研究成果について紹介する。

 

EH_No.218(第12回エレクトロヒートシンポジウム)
①航空機塗装設備へのヒートポンプ活用

井場 功

東芝キヤリア株式会社

営業技術部 主幹

 中部地区の航空機部品製造工場の塗装設備に新規導入された換気空調システムにヒートポンプを導入するとともに、省エネ空調制御やポンプの搬送動力を削減する新方式の変流量制御を採用することにより、同工場の既設塗装設備と比較して大幅な省エネを図るとともに、システムのロバスト性や将来の拡張性を考慮した。同工場の既設塗装設備のシステムとの比較により従来の課題をどう解決し、更に省エネを図ったかを解説する。

 

②メタノール蒸留工程における廃熱を活用した省エネルギーの取組み

村瀬 勝俊

名糖産業株式会社

八王子工場 工場長代理 他

 名糖産業 八王子工場のメタノール蒸留塔にヒートポンプを導入し、エネルギー使用量(一次エネルギー換算)を60%削減するという、画期的な省エネルギーを実現する事ができた。また、本導入事例を広く周知するために、省エネ大賞に応募を行い、「経済産業大臣賞」を受賞した。蒸留塔の省エネは大きな課題であり、本事例は課題を解決するための一つの切り口になり得ると思われる。本事例の概要を紹介する。

 

EH_No.216(特集:工場空調)
①工場空調の総論

神谷 忠史

高砂熱学工業株式会社

エンジニアリング事業部 事業部長

 
②工場向け空調システムにおける導入事例のご紹介

大脇 淳一

三菱電機エンジニアリング株式会社

和歌山事業所 システム技術部 冷熱SE 第一課

 
工場向け空調製品「ファレシアDD」について

本多 博之

三菱電機株式会社

冷熱システム製作所 営業部 空調営業課

 
④スポット・ゾーン空調システム「FLEXAIR」の紹介

尾﨑  健

東芝キヤリア株式会社

掛川開発センター 熱源設計部 設備ソリューション設計担当

 
⑤マルチキューブエアコンを利用した工場空調システム

樋口 幸平

ダイキン工業株式会社

空調営業本部 テクニカルエンジニアリング部

 
⑥旋回流誘引型成層空調システムSWIT®による諸上な・環境改善事例

三橋  太

高砂熱学工業株式会社

東京本店設計部 参事

 

 

 EH_No.215 特別寄稿:ヒートポンプの冷媒の動向と課題

 

ヒートポンプの冷媒の動向と課題

松 田 憲 兒

一般社団法人 日本冷凍空調工業会 技術部 部長

 

 

 

 

EH_No.214(特集:乾燥工程のエレクトロヒート技術)
①熱風供給温度90℃を実現した高効率空気熱源ヒートポンプ式熱風発生装置”熱Pu-ton”

吉田  茂

三菱重工サーマルシステムズ株式会社

空調機技術部 ヒートポンプ設計グループ

 
②蒸気再圧縮式乾燥装置(ヒーポンITR)の開発

飯田 晃弘

株式会社大川原製作所

開発部 部長

 
③熱風ヒートポンプ「エコシロッコ」のモデルチェンジと導入事例

北山 英博

株式会社前川製作所

東広島工場 小型パッケージ製造部門 営業チームリーダー

 
④熱Pu-tonのドライラミネーターへの適用とその導入効果

深澤 篤志

日本電技株式会社

東京本店産業ソリューソン部 営業一課 課長

吉田  茂

三菱重工サーマルシステムズ株式会社

空調機技術部 ヒートポンプ設計グループ

 
⑤熱Pu-tonのスプレードライヤへの適用とその導入効果

根本 源太郎

大川原化工機株式会社

開発部 部長

吉田  茂

三菱重工サーマルシステムズ株式会社

空調機技術部 ヒートポンプ設計グループ

 
⑥自己熱再生型ヒートポンプ式高効率下水汚泥乾燥技術実証研究

飯田 晃弘

株式会社大川原製作所

開発部 部長(㈱大川原製作所・秦野市・関西電力㈱共同研究体)

 

 

EH_No.213(特集:工場廃熱活用技術)
①低炭素社会の構築に期待される産業用ヒートポンプ

内山 洋司

一般社団法人 日本エレクトロヒートセンター会長(筑波大学名誉教授)

 
②工場廃熱活用の考え方

井上 和茂

一般社団法人 日本エレクトロヒートセンター

 
③”自己廃熱回収+ヒートポンプ”の組合せによる新たな省エネルギー対策とその事例紹介

原田 光朗

東京電力エナジーパートナー株式会社

E&G 事業本部 部長

 
④熱交換器を中心とした廃熱回収システムの紹介

岩澤 賢治

MDI 株式会社 代表取締役

 
⑤印刷工場・食品工場への廃熱回収システム導入事例

深澤 篤志

日本電技株式会社

東京本店 産業ソリューション部 課長

 
⑥蒸留塔へのヒートポンプ導入実績

松尾 洋志

木村化工機株式会社

エンジニアリング事業部技術部 部長

 
⑦MVRの導入事例

湯淺 升夫

株式会社 ササクラ

水処理事業部 東京水処理営業室

 

 

⑧工場廃熱活用システムの導入における補助金とリースの活用事例

石井 直人

三菱UFJ リース株式会社

環境・エネルギー事業部

 

 

EH_No.209(特集:MVR(Mechanical Vapor Recompression)、自己熱再生

 

 

②ササクラのMVR導入事例の紹介

石田 和彦

株式会社 ササクラ

水処理事業部 水処理技術室長

 
③木村化工機のMVRを用いた蒸留システムの紹介

松尾 洋志

木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部技術部 部長

中西 俊成

木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部技術部 主事

 
製塩の海水濃縮工程におけるヒートポンプ式減圧濃縮装置の導入事例

辰巳 剛平

四国電力株式会社

高知支店 お客さまサービス部 技術ソリューション課

 
ビール工場およびアルコール工場へのMVR導入事例

高澤 雄次

株式会社 前川製作所 エネルギーブロック 部長

 
⑥自己熱再生技術を用いたバイオエタノール蒸留の省エネルギー化

木内 崇文

新日鉄住金エンジニアリング株式会社

技術開発研究所 マネジャー

 

 

EH_No.207(特集:農林水産業/6次産業化)
①廃校舎を利活用した青森県内初の「人工光型植物工場」の事例

安部 知幸

有限会社安部製作所 代表取締役

 
②富山市が進めるエゴマの6次産業化事業と温泉熱を利用した植物工場の整備

須沼 俊輔

富山市 環境部 環境政策課 主任

 
ヒートポンプの利用による環境負荷に配慮したバラ生産

小畑 和敏

有限会社メルヘンローズ 代表取締役

 
養鰻池排熱回収及び地中熱利用ヒートポンプ導入による加温システムの省エネルギー事業

山田 賢一

株式会社 日鰻 代表取締役

 
⑤施設園芸向けスポットエアコンの温室内利用方法(冷却・除湿効果)のご紹介

浜辺 純史

日立アプライアンス株式会社

関東・広域支店 ファシリティ営業二部 部長代理

 

⑥国内の穀物乾燥における「常温定湿乾燥システム」について

黒田 剛史

ヤンマーグリーンシステム株式会社

農産施設部

 

 

EH_No.206(第10回エレクトロヒートシンポジウム)
①ヒートポンプ採用による塗装ブースの近代化

志岐 昌利

APC エアロスペシャルティ株式会社 生産事業部 部長
井場  功

東芝キヤリア株式会社 システム技術部 主幹

 
②醤油工場への「冷却+給湯」用ヒートポンプの導入事例

北山 英博

株式会社前川製作所 ユニモ事業化部門 営業グループ リーダー

 

 

EH_No.203(特集:工場の排熱回収技術)
①工場の排熱回収技術の概要

江川  寛

福良エンジニアリング株式会社

代表取締役

 
②醤油工場への排熱回収システムの導入事例

赤石 拓也

株式会社前川製作所

エネルギーブロック高温ソリューショングループ

 
③製麺工場への排熱回収システムの実証試験

桑原  崇

サイエンス株式会社

代表取締役

 
④染色工場への排熱回収システムの導入事例

田中 琢磨

株式会社クロセ

営業本部 東京営業部

 
⑤濃縮装置や蒸留装置への排熱回収システムの導入実績

中山 真太郎

株式会社ササクラ

水処理事業部 東京水処理営業室

 
⑥工場排熱回収システムの導入実績

中西 俊成

木村化工機株式会社

エンジニアリング事業部技術部 主事

 
⑦補助金制度を活用した排熱回収システムの導入事例

望月  淳

三菱UFJ リース株式会社

環境・エネルギー事業部

 

 

EH_No.190(特集:熱回収型エレクトロヒートシステム)

 

EH_No.187(特集:最新のヒートポンプ技術)

空冷高効率ヒートポンプチラーコンパクトキューブ EAHV形」の開発 

伊藤 拓也 三菱電機株式会社
大越  靖 三菱電機株式会社

 

空気熱源式高温水ヒートポンプ「CAONSTM700」
丹野 英樹

東芝キヤリア株式会社 技術本部 熱源設計部

 

大型業務用ヒートポンプ給湯システムMEGA・Q

冨士 剛志

ダイキン工業株式会社

空調営業本部カスタマーサポートセンター 技術グループ

 

④低温保管用途に加湿機能をプラスした「冷蔵ヒートポンプユニット」の開発

辻本 孝二

株式会社ダイキンアプライドシステムズ

ファクトリー機器部 機器システムグループ

 

⑤排熱回収型温水製造ヒートポンプシステム

杉山 清隆

株式会社東洋製作所

プラント営業部営業3 グループグループ長

 

⑥磁気ヒートポンプ技術の開発

平野 直樹

中部電力株式会社

技術開発本部 電力技術研究所 超電導プロジェクト 研究主査

 

 

EH_No.177(ヒートポンプシステム特集Ⅰ(空調・未利用熱・寒冷地仕様))

 

EH_No.178(ヒートポンプシステム特集Ⅱ(排熱回収・給湯))

 

連載講座:熱回収技術とヒートポンプ(EH_No.189~No.194)
第1回(EH_No.189):熱回収とヒートポンプへの期待

井場  功

一般社団法人日本エレクトロヒートセンター

ヒートポンプ技術部会 前部会長
東芝キヤリア株式会社 システム技術部 主幹

 
第2回(EH_No.190):熱交換器の基礎と熱回収~プレート式熱交換器~

楠  健司

株式会社 日阪製作所

熱交換器事業本部 設計開発部 設計開発課 課長代理

 
第3回(EH_No.191):ヒートポンプを用いた工場排水の熱回収~スパイラル式熱交換器~

田中 琢磨

株式会社クロセ 営業本部 東京営業部

 
第4回(EH_No.192):シェルアンドチューブ式熱交換器の特徴と事例
土谷 輝男

森松工業株式会社 企画開発課

 
第5回(EH_No.193):半導体製造工程への排熱回収ヒートポンプ導入)

時田 靖己

ルネサスセミコンダクタ九州・山口株式会社

環境工務部 プラント技術課 主任
竹島 天範

ルネサスセミコンダクタ九州・山口株式会社 環境工務部

プラント技術課 主任
松浦 頼昭

株式会社日立製作所 インフラシステム社

環境エンジニアリング事業部 課長

 
第6回(EH_No.194):空気熱源ヒートポンプチラーによる熱回収技術

松浦  恵

ダイキン工業株式会社

空調営業本部 テクニカルエンジニアリング部 技術担当課長

 

 

機関誌のご案内

 

 

①MVR(Mechanical Vapor Recompression)の概要

松尾 洋志

木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部技術部 部長

中西 俊成

木村化工機株式会社 エンジニアリング事業部技術部 主事