日本エレクトロヒートセンター

 

 

 

 

 

>
これからの時代 ものづくりに電気 改訂版

これからの時代 ものづくりに電気 改訂版

 

 

電気利用による加熱・冷却システムは、1万℃以上の高温域からマイナスの低温域まで、幅広い温度域に対応でき、環境面での優位性、省エネルギー性、制御の容易性、安全性、経済性など多くの面で優れた特性を持っています。そのため、CO2削減や省エネルギー、コストダウンなどといった社会のニーズに対し、極めて重要な役割を担うものと期待されております。

2年前に発行いたしました当パンフレットは、ご好評いただき、発行部数が3万部を超えました。
このたび、近年の機器の開発状況やCO2排出削減に向けた環境変化等が著しいことから、全面的な改訂を行いました。

最新のシステムを生産工程にご採用いただいた14軒のお客さまを取材し、ご採用いただいた決め手やその後の感想、メリット(一次エネルギー消費量・CO2排出量など)を掲載しております。

(1)本田技研工業㈱鈴鹿製作所様
(2)アイシン・エィ・ダブリュ(株)蒲郡工場様
(3)(株)デンソー池田工場様
(4)正和鍛工(株)様
(5)(有)京葉ダイカスト様
(6)ステンレスパイプ工業(株)様
(7)ブラス金属工業(株)様
(8)タクボエンジニアリング(株)東金テクニカルセンター様
(9)旭硝子(株)関西工場大阪事業所様
(10)(株)南電器製作所様
(11)サッポロビール(株)新九州工場様
(12)(株)ケイパック様
(13)山中製菓(株)様
(14)(株)野菜工房様

 

Page Top