日本エレクトロヒートセンター

 

 

 

 

 

>
>
電磁波(マイクロ波・高周波誘電)加熱

電磁波加熱(マイクロ波・高周波誘電加熱)とは

 

電磁波加熱は、マイクロ波・高周波誘電加熱に代表されます。
誘電体(被加熱物)が電界内に置かれると、まず誘電体内のいたるところで電気的平衡状態からの歪み、すなわち分極が起こります。
その結果、誘電体の表面には電荷が生じます。この時、速い速度(高い周波数)で電界の向きが変わると双極子は反転して周囲の分子との間で摩擦を受け、電界の変化の速度に追従できなくなります。その結果、摩擦によるエネルギーが誘電体内部で消費され、結局、図1に示すように誘電体内で熱に変わることになります。この現象が誘電損失による熱の発生です。

 

 

電磁波加熱の原理   電磁波加熱の特徴   産業用電気加熱への応用
電磁波加熱の原理について説明します。   電磁波加熱の特徴について説明します。   産業用電気加熱への利用の仕方について紹介します。
         
導入事例   製品情報   技術文献
具体的な導入事例について紹介します。   主要加熱メーカーの製品紹介と関連のホームページへリンクできます。   JEHC保有の技術文献の紹介と一部文献閲覧ができます。

 

Page Top